No.03 グローバルな起業家になる。エリート街道を飛び出した男の挑戦。

No.03 グローバルな起業家になる。エリート街道を飛び出した男の挑戦。

Ari Kiri mediaは、「挑戦が学生生活をもっと面白くする」のコンセプトのもと、様々な挑戦者の方々にお話を伺い、皆様にご紹介します。
ビジョンを掲げ、意を決して何かに挑戦する人は、普通の人と何が違うのか。
もしかすると、違いはほとんどなくて、ほんの小さなキッカケがあっただけなのか。
それとも実は挑戦者とあなたの中には共通点の方が多いのか。
挑戦者の告白を通じ、その人となりや価値観、情熱に触れることで、あなたの人生を考えるキッカケ、材料になれば幸いです。


開成高校、一橋大学経済学部出身。
エリート街道のテンプレのような学歴である。

これだけ聞いたら、官僚か、大企業か、外資系投資銀行やコンサルティングファームといったキャリアを想像するのではないだろうか。

このような約束されたキャリアを捨てる事は、非常に勇気がいる決断だ。
その決断が出来る人は非常に少ない。

多くの人は、リスクはあるが、自分のやりたい事を追求したいと思いながら、その決断をしきれない。

今回、学生時代は超の付くエリートでありながら、その道を飛び出し、ユニークなキャリアを歩む、中澤亮太|Ryota Nakazawaさんにお話を伺った。

中澤さんの写真
中澤亮太|Ryota Nakazawa。一橋大学経済学部在学中にレアジョブにてインターンシップ、イリノイ大学への1年間の留学を経験。2015年に卒業後、レアジョブのブラジル事業の立ち上げを経て2017年に起業。現在は仏企業アゴライズのオープンイノベーション事業の日本展開を手がける。

卒業後、すぐにブラジルに単身で送り込まれて事業開発、その後起業し、フランス企業のオープンイノベーション事業の日本展開を推進。

普通のエリートとは一線を画するキャリアを歩む男の原動力はなんだろうか?

”みんなでワイワイするのが好きな少年”がどのように”グローバルな起業家”になりたいという想いを抱いたのか?

”ビジネスで成功したいという、とても漠然とした想いで突っ走りましたね”と語る彼が、自分の目指すべき方向性にどのように気づき、具体化したのか?

どのように、”グローバルな起業家”に成長したのか?

目的を達成するために行った具体的な行動にまで踏み込んで、お話頂いた。

”海外での事業開発に興味がある”、”グローバルな環境で勝負したい”という方にはぜひご一読頂きたい。

最後には、アゴライズのサービスと、学生でも参加できるオープンイノベーションプログラムもご紹介いただいた。
利用料、渡航費全て無料なので、学生のうちから世界で戦ってみたい方はぜひ挑戦してみてほしい。

全9回に渡るインタビューだが、明瞭な語り口でお話頂いた、飽きることなく読んで頂けると確信し、カットすることなく全て掲載した。


#00:グローバルな起業家になる。エリート街道を飛び出した男の挑戦。
#01:内気な少年から、ガキ大将へ
#02:運動会、彼女作り・・・何事もチームで戦略的に取り組んだ高校時代
#03:悔しさをバネに努力し、視点はグローバルに
#04:英語は本当に苦手だった。1年をかけた留学準備
#05:留学を経て定まった方向性。グローバルな起業家になると決めた
#06:就活はやめて自分の将来と向き合う
#07:社会人、1年目。単身、ブラジルで事業開発
#08:気軽に起業するも、本当に苦労した。香港で出会ったオープンイノベーション
#09:確信した、日本人のポテンシャル。若いうちから世界を見る事で、視野を広げよう