若手起業家の告白No.02|好奇心に従って生きる。元ヤフー天才エンジニアの次の挑戦

No.02 好奇心に従って生きる。ヤフー天才エンジニアの次の挑戦

Ari Kiri mediaは、「挑戦が学生生活をもっと面白くする」のコンセプトのもと、様々な挑戦者の方々にお話を伺い、皆様にご紹介します。
ビジョンを掲げ、意を決して何かに挑戦する人は、普通の人と何が違うのか。
もしかすると、違いはほとんどなくて、ほんの小さなキッカケがあっただけなのか。
それとも実は挑戦者とあなたの中には共通点の方が多いのか。
挑戦者の告白を通じ、その人となりや価値観、情熱に触れることで、あなたの人生を考えるキッカケ、材料になれば幸いです。


周りに流されず、自分の好奇心を追い求める人生はどれだけ楽しいだろうか?
誰もが自分がやりたい事、興味がある事をやって楽しく生きたいと思っているだろう。

しかしこれは非常に難しい。
周りの同調圧力に一切耳を貸さず、社会的なバイアスにとらわれず、自分のやりたい事を貫けるだろうか?

そのためには、まず自分が面白いと思う事を見つけなければならない。
次にそれを実現するスキルや人脈を揃えなければならない。
そしてやりたい事を貫くためには、結果を出し続け、周囲を納得させ続けなければならない。

少し考えただけでも難しい事に同意頂ける事と思う。

さて、今回の”若手起業家の告白”は、そんな自分の好奇心を貫きながら結果を出し続けるという離れ業をやってのける若手起業家、東山侑真|Yuma Higashiyamaさんにお話を伺った。

東山さんと佐久間さん
東山侑真|Yuma Higashiyama(写真左)。2015年に大阪大学大学院情報科学研究科を修了し、アライドアーキテクツ入社。2017年2月にヤフーに転職、飲食店予約サービスのデータ分析等を担当し、同社トップクラスのスピードで昇進。ヤフー同僚の佐久間氏(写真右)と共に、2018年8月に同社を退職、フリージア株式会社を創業。

「うーん、別に僕そんな深い事考えて行動してないんすよね・・・。基本直感というか、オモロそうと思ったらとにかくやってみないと気がすまないんです」と語る好奇心の塊。

柔らかい雰囲気が魅力的だが、ここ一番の閃きや鋭さは天才的。
幼い頃から神童と呼ばれ、阪大、ヤフー時代には”天才”とまで呼ばれていた男。

さらには世界に名高い、メンサの会員でもある。

自分の心の声に従って人生を生きるとはどういう事なのか?
自分を貫き、好奇心に従って挑戦し、結果を出し続ける東山さんの等身大の告白。

「大学で何かやりたいんだけど…」、「周りの目が気になってしまう…」といった悩みを抱えた方にはぜひ読んで頂きたい。

あなたの人生を考える上で、間違いなく参考になるはずだ。

最後は学生へ向けたメッセージもご用意している。

フランクに何でも話して頂いたおかげで、全6回の長文インタビューとなってしまった。
一つ一つはそこまで文量が多くないので、ぜひご一読いただきたい。


#00:好奇心を追い求める人生を貫く。元ヤフートップエンジニアの次のステージ
#01:神童であり、悪ガキ。気になったことは何でもやった
#02:センター試験に大失敗!そして気づいた好奇心
#03:売却益30万円。学生時代にサービスをイチから作る
#04:好奇心の矛先は、ビジネス・起業へ。学生団体で学んだ事
#05:仲間とともにビジネスをつくる。失敗も糧にする
#06:一年越しのSNS成功を機に、学問の道へ
#07:将来を見据えつつ、今やりたい事を両立する魔法の判断軸
#08:心の声を信じて好奇心を、貫く